レスベラトロールとは

こんにちは心理カウンセラー、美容・健康 研究家の森田と申します。
今回は、レスベラトロールの効果・効能、体への影響についてお伝えいたします。

スポンサーリンク

レスベラトロールの主な特徴

レスベラトロールは自身を守る目的で作り出した植物の成分です。
ポリフェノールの一種に属し、抗酸化作用が強いのが特徴。

老化の原因の一つが『活性酸素』です。
活性酸素が増えるのを抑える作用があるのが
抗酸化酵素SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)
と呼ばれるものです。

レスベラトロールは「抗酸化酵素SOD」を
体内で生成できる特徴があるので
最近老けてきたとお悩みの方にはおすすめの食品です。

参考文献:https://www.zagzag.co.jp/resveratrol/

レスベラトロールが含まれる食品

ぶどうの外側の皮やピーナッツの皮、ココア、などに多く含まれてます。
画像引用元: https://www.mpc-lab.com/blog/20200521

サーチュイン遺伝子との関係

wikiによると
「サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または抗老化遺伝子とも呼ばれ、飢餓やカロリー制限、運動によって活性化する。

近年、レスベラトロールがサーチュインタンパク質を活性化することもわかっている[11][信頼性要検証]。

サーチュイン自体は、ヒストン脱アセチル化酵素であり、サーチュインが活性化するとヒストンが脱アセチル化されてヒストンのアルカリ性を示す豊富なアミノ基と核酸の名が示すように酸性の性質を有するDNAとの親和力が高まり、ヒストンとDNAが強く結び付いて、遺伝子の発現が抑制される。

言い換えれば、DNAが休眠状態に入ることである。これと反対に、ヒストンがアセチル化されるとヒストンとDNAの親和力が低くなり、通常の遺伝子発現が活発化される[24][25]。

飢餓のような過酷な環境下ではDNAの活動が抑制され、DNAの安定化へと変化する。

これが結果的にDNAの損傷防止につながり、このDNAの損傷防止は直接的に長寿につながる。

詳細はDNA修復#カロリー制限とDNA修復の増加を参照のこと。
レスベラトロールとは – goo Wikipedia (ウィキペディア)より引用」

レスベラトロールの特徴や主な食品を知りたい方、

参考になっていただけたなら感謝です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

🥺いいねボタンをポチっとお願いします。

アイキャッチ画像引用元: https://www.mpc-lab.com/blog/20200521

コメント