腸内フローラを整えてウイルス感染と戦い乗り切る方法

こんにちは心理カウンセラー、美容・健康 研究家の森田です。

今回は、ウイルス感染が怖くて心配な方々に向けて、

「ウイルス感染と戦い乗り切る方法」

「腸内フローラを整える方法」

についてお伝えいたします。

是非最後まで読んでいただけると嬉しいです。

画像引用元:https://www.corporatewellnessmagazine.com/article/5-things-can-right-now-improve-mental-health

 

食中毒の危険性について詳しくは、
鶏肉は要注意?カンピロバクター食中毒の危険性について
をご覧ください。

 

スポンサーリンク

腸内フローラが整うと免疫力・抵抗力はアップする

新型コロナウイルスの報道が現実味を帯び拡大してきました。

感染や発症、心が凹んでしまう方々、増えてきてます。

もはや、

新型コロナウイルスの拡大もはや他人事ではない状況です。
先ず、免疫力をつけて我が身を守ることが必須。

全国各地で行うワクチンの接種ですが、怖いのが副作用です。
実例では、

・接種後スパイクタンパク質の構造に変化をもたらすケースや

・令和3年6月10日のニュースでは、

ワクチン接種後、死亡する事例を挙げてます。
【独自】ワクチン接種後に190人以上死亡、遺族「詳細な調査を」

頼りにしてたワクチンの副作用で死亡してしまうのは本末転倒です。

自分の身は自分で守ることを優先しましょう。
世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスによる感染症の名称を

「COVID- 19(コヴィッド・ナインティーン)」

と正式に発表しました。

人が生きる源は免疫です。

こいつ→新型コロナウイルスと戦い乗り切れる免疫力をつけていきましょう!

腸の内部に免疫細胞およそ70%が存在

免疫力をアップするには「腸」の健康状態が必須!

というのも

免疫細胞の約70%は腸の内部に存在しているからなのです。

主に

ウイルスは「口」「鼻」「目」から侵入してきます。

免疫細胞はそのウイルスを防御する役割を担っています。

腸内フローラをより正常な働き&健康にする3つの方法

免疫力を上げるには、腸内フローラを整えることが必須です。

そのためには、

善玉菌を優位に保つことです。

出来るだけ
発酵食品&食物繊維を毎日食べる
ことをお勧めします。

 

腸内フローラとは・・
腸の内部を顕微鏡で拡大してみると「お花畑」のように見えます。
お花畑は英語のスペルでFLORA
そこから「腸内フローラ」と呼ばれるようになったのです。

画像引用元:http://ls1.koikeya.co.jp/shop/pages/2017press11_3.aspx

❶毎日欠かさず乳酸菌を摂取する

植物性乳酸菌、キムチ・納豆がおすすめ!

僕は朝昼夕の食事で最初に口に入れるのが「キムチ&納豆」です。

熱々のごはんの上にのせて食べる、これが美味しくて(笑

僕の場合、キムチ7割・納豆3割 のバランスで摂取してます。

・キムチの効能

キムチに含まれる成分「ラクトバチルス」という植物性乳酸菌は、

・胃酸の刺激に強い

・小腸で善玉菌機能を発揮する

という効能があるのです。

また、キムチは唐辛子のカプサイシンが腸を適度に刺激・蠕動運動を促すという機能があり

腸内環境を整える役割を担っているのですね。

・納豆(納豆菌)の効能

納豆はキムチとの相性がとても良く、

・腸まで届いて善玉菌を増やす

・悪玉菌を抑制

・キムチの乳酸菌を増やす

という効能があります。

欧米人はヨーグルトなどの動物性乳酸菌を日常的に摂取してますが

日本人はお腹に合わない場合があります。人にもよりますが。

僕はキムチや納豆、漬物などに含まれる植物性乳酸菌が体質上おすすめです。

キムチや納豆の食物繊維の水分は便のかさを増やす作用があり腸のぜんどう運動を促してくれます。
それにより腸内の善玉菌を増やし、腸内フローラを整えてくれることがわかっています。

 

❷オリゴ糖

オリゴ糖は

・体内の酵素で消化、分解されることなく大腸まで直結で届く。

・善玉菌のエサになり増やす働き。

・悪玉菌の増殖を抑える働き。

という効能があります。

オリゴ糖・食品

・根菜のヤーコン、ゴボウ

・黄な粉

・大根の一種、甜菜

・豆類(ささげ、インゲン)

などに多く含まれます。

❸ウオーキング

ウオーキングによる適度な運動は

・血管が拡がり血流を促す

・腹式呼吸→横隔膜が動く→腸の蠕動運動が活発になる

・有酸素運動→脂肪燃焼

・腸腰筋が動き腸内を刺激する

・脳内ホルモンのエンドルフィンが分泌する

・エンドルフィンはストレスで疲弊した腸を緩和する

などの効能があります。

●歩くコツ

・腕を大きく振りながら歩きます。
・背筋をピンと伸ばします。
・太ももを持ち上げながら大股で歩く。

ウォーキングは血流を改善するので腸の働きを促すという効果があり

腸内フローラや便秘の改善に繋がるのです。

 

腸内フローラの健康状態を知るには

良好な場合のサインは

・毎日決まった時間帯に便が出る・口臭はきつくない・体臭はきつくない

・決まった時間帯に食欲がでる

・胃腸のもたれがない

・肌荒れはない

・体のだるさや疲れを感じない

 

バランスが崩れたときのサインは

「便通」

「便の状態」

などの腸機能異常です。

善玉菌は腸の蠕動運動を効率よく促す働きがあり便通を促してくれます。

・便通が悪くなったり腹部膨満感を起こしてしまう。

・便の状態が

「悪臭がする」「便の色が黒っぽい」

などの症状がある場合、腸内バランスが崩れている。

というサインとみられます。

そして免疫力は下がってしまうのです。

正常な便の状態

・バナナ状

・色は黄土色

・悪臭でない臭い

・水分量は適度をキープ

以上のような状態なら良好といえるのです。

最後に

腸内フローラが整うことで免疫力は上がります。

ウイルス感染や発症は怖いですね。

でも自分の健康は自分で守るしかないのです。

今回の記事が参考になりお役に立てたなら嬉しいです。

最後まで読んでいただき有難うございました。

🥺いいねボタンをポチっとお願いします。

アイキャッチ画像引用元:https://www.corporatewellnessmagazine.com/article/5-things-can-right-now-improve-mental-health 

コメント