寝ても疲れがとれない?僕は3つの運動法で解消しています!

こんにちは心理カウンセラー、美容・健康 研究家の森田です。

今回は「寝ても疲れがとれない」などの解消法を知りたい方に向けて

3つの運動法をお伝えいたします。

画像引用元:https://wallpapersafari.com/w/Qerunw

体がだるくなる!その解消法を知りたい方は、
体がだるい、疲れやすい、やる気が起きない、私の解消法はコレ!
をご覧ください。

 

スポンサーリンク

疲れを解消する3つの運動法とは

運動による精神への効能はストレスによる緊張を緩和してくれます。
体への効能は血液の巡りを促し、全ての機能を促進してくれます。

3つの対策

疲れの主な原因は、

「肉体疲労」「眼精疲労などの神経疲労」「ストレスによる緊張疲労」

が挙げられます。

しかし、

しっかり寝たはずなのに疲れが取れない、

その大きな原因は「ストレスによる緊張疲労」です。

それを大きく解消する方法は「運動法」なのです。

 3つの対策とジョギング&ウオーキング

主な流れ

①ジョギング

②ウオーキング

③ジョギング

・ジョギングは約20分×2回
・ウオーキングは約60分×1回

① ジョギングの呼吸は2段階(有酸素運動)をする。

僕のランニングペースはごく普通です。

それと共に腹式呼吸をします。

呼吸法は息を2段階に分けて吸うのが特徴です。

2回吸って~一気に吐く

つまり、

吸って吸って~一気に吐いて~

みたいなリズミカルな感じで呼吸しながら歩きます。

実はこのやり方、

高校生のときマラソン大会に出場したときのこと。そのときの先輩が

「持久力をつけて走るには吸って、吸って、吐く、を繰り返すといいよ。」

と教えてくれたのです。

この吐いて~のときは副交感神経が優位になりリラックス効果もあるのです。

一定の呼吸リズムはリズム運動につながるのでたいへん有効です。

心を安定させる神経伝達物質のセロトニン(幸せホルモン)を分泌するため

心が安定しストレス解消にもなるのです。

また、

嫌な人間関係など忘れたくてお酒を飲む方、多くいると思います。

アルコールは肝臓に負担がかかるといったデメリットがあります。

肝臓は栄養素(糖やアミノ酸)の代謝やアンモニアなどの有害物質を

解毒する働きがあります。

ジョギングなど運動による有酸素運動は

酸素を体の隅々まで供給、新陳代謝を促進し

肝臓の働きをサポートしてくれるのです。

② ウオーキング・太ももを約10センチ上げて歩く。

太ももを上げて歩く目的は

ストレスで疲れた腸を回復させ活力を取り戻すためです。

腸は第2の脳「腸脳相関」と呼ばれ

脳の神経系と腸の神経系(腸管神経系など)

の双方が緊密に連絡、影響しているのです。

小腸は体に消化酵素と共に栄養を供給する役割があり、

大腸はストレスで疲れてくると敏感に反応し

便秘や下痢になるなどといった症状がでるのは

このためなのです。

疲労回復するには腸の働きを正常にすることが大切です。

太ももの筋肉は、

大腿骨の内側に接地しており

腸腰筋(大腰筋・腸骨筋・小腰筋)と連動しています。

腸腰筋は体幹を安定、支えるといった役割も担ってます。

ストレスが溜まってくると腸腰筋の機能は鈍り

体幹の崩れや歪みなどの要因に繋がります。

また、太ももの筋肉は骨盤を支える働きもあるのです。

太ももを少し上げて歩く(上下運動)ことで、より一層

腸腰筋(インナーマッスル)を鍛えることができ

腸の活動を正常に整えることができます。

画像引用元:http://www.mcdavid.co.jp/sport/running/column/matsui/aug.php

 

ウオーキング中、足が痛くなるのがつらい方に、
ハイキングやウオーキング中にふくらはぎが痛くなる?その訳とは?
をご覧ください。

③ スクワットを取り入れる

僕はウオーキングの途中、スクワットを取り入れています。
20分歩いて、スクワット、また20分歩いて、スクワット、
を3回程度繰り返します。

スクワットは下半身に負荷がかかりハムストリングスや

大殿筋、大腿四頭筋、の筋肉を引き締める効果があります。

僕は椅子に座るイメージでやっています。

お尻を椅子に着地するギリの位置で止める(けっこうキツイです)

ゆっくりやればやるほど負荷がのしかかる感じがします。

カロリーの消費率が高いので効率よく脂肪燃焼することができます。

また、イラスト②の位置でお尻を更にニューっと突き出すと

ヒップアップの効果があります。

小汗をかくまで

僕は歩く距離は気にせず歩く+スクワットで

小汗をかくまで頑張ることに集中しています。

スクワットの回数は、その日によります。

概ね、5~8くらいかな。

ひと汗をかくことで達成感が得られ気分がリフレッシュできます。

そもそも運動による汗は温熱性発汗で体温調節を目的とされたものです。

その中枢は脳の視床下部に位置し自律神経が担っています。

そのほか、

・緊張したときや驚いたときなどの精神的なものや

・辛い食べ物など味覚からくるものもあります。

でも、運動の汗の方が精神面に有効ですしなにより健康的です。

画像引用元:https://www.fix.com/blog/master-proper-workout-form/

運動による効能

大きく汗をかく運動のメリットは質の高い睡眠を得ることができる のです。

人は日中、気が付かないうちに神経を使っており

その神経は大きく分けて中枢神経系と末梢神経系に分けられます。

中枢神経は仕事や日常生活で様々な情報を掌握&処理を繰り返す働きがあります。

末梢神経系に属する自律神経は相反する反応を起こす交感神経と副交感神経があり

中枢神経に情報を送る、指令を受け取る、などの働きがあります。

例えば、

・過度の緊張感を要する役職に就く。

・入試、面接、などにあたる時期。

・人間関係で大きく悩んでいる。

などの方々は交感神経~優位が強く続きます。

緊張感やストレスが残ってしまうため疲れがとれにくい のです。

自律神経のバランスが崩れると、頭痛やめまい、思考がまとまりにくい、

発汗の異常、貧血、胃腸の不具合、不眠、など

体の様々な部位に反応が起き疲れがとれない要因 となるのです。

運動、忙しい方は空き時間に行いましょう。

また、体力では個人差があるので自分に応じた運動量をお勧めします。

あ~疲れた!と感じるくらいの運動がいいと思います。

お風呂あがりのビールはおいしいです。

ご飯もおいしくいただけますしよく寝れます。

疲れがとれないときの食べ物

疲れがとれないときは胃腸も疲れています。

こういうときの食事は菜食を中心にします。

なにより野菜類は胃腸にやさしく消化吸収が早いですからね。

また、こちらも「デスクワークの「座りっぱなし」で体に与える4つのトラブルと対処法」
参考になると思います。

 

 

YouTube動画では、
Aces of Creative さんの
「菜食医師『ゲーム・チェンジャーズ』見た感想 」
をアップしております。
よろしければご視聴してみてください。

疲れがとれない原因

しっかり寝たはずなのに疲れがとれない。

朝起きたとき

「きつくてだるい」

「疲れが残ってる」

「何となくやる気が起きない」

いったい何故こうなるのでしょうか?

主な原因は、

ストレスの量が多く運動量が少ない

ことではないのかなと自分では考えております。

運動することで気持ちは運動に集中し緊張を緩和 します。

休養、休息、睡眠、アロマテラピー、なども有効ですが

ストレスが大きいとその程度ではなかなか疲れがとれないと思います。

運動量が少ないかあるいは運動をほとんどしない場合

ストレスは残ったままになります。

おもいっきり汗をかいて疲れを解消しましょう。

 最後に

僕が運動するロケーションは

福岡県営中央公園(北九州)です。

自宅から車で約10分の場所にあり

池と山をセットにした公園です。

ここは、

ウオーキングやジョギングの方々がほとんどです。

平日は高齢者が多く土日は若い方も加わり賑わってます。



僕は池の周りでジョギング

山の登りにウオーキング
で使い分けてます。

ここから山へと向かう道

僕のワンコ(クロちゃん)です。たまに連れて行きます。

場所:福岡県北九州市

 

YouTube動画では

福岡県営中央公園 による
福岡県営中央公園/金比羅池の紹介 をアップしております。

 

最後までご覧になってくださりありがとうございました。

🥺いいねボタンをポチっとお願いします。

アイキャッチ画像引用元:https://wallpapersafari.com/w/Qerunw

コメント